青柳貴史(製硯の貴公子)が情熱大陸に!店の場所や作品の値段は?結婚は?

こんにちは,ジュンです!!

情熱大陸に製硯師(せいけんし)の

青柳貴史さんが登場されます。

製硯師って職業を実は初めて聞きました!

書道などに使われる硯を作る職人のようです!

世界中にファンがいるという

製硯師でイケメンでもあることから

”製硯の貴公子”

とも言われているようですね。

そんな青柳貴史の店の場所はどこ?

また作成した硯の値段

イケメンだけど結婚されているのか

気になったので調べてみました!!

是非,確認してみて下さい!!

スポンサードリンク

製硯師(せいけんし)ってどんな仕事?

出典:https://auctions.yahoo.co.jp/

製硯師って肩書は青栁さんが自身の活動を

覚えてもらいやすくするために,

師匠でもある父と相談して名付けた肩書のようです!

一般的には硯職人といって硯を作る職人のことです。

(そのままですね!笑)

青栁さんの指す製硯師は、

原石から硯を作ることに加えて,

新しい硯の提案、壊れた硯の修理など、

硯の製造業全般がなんでもできる事をさすようです!

製硯師の肩書を持つのは青栁さん一人,

硯全般が専門ということなので,

日本一硯に詳しいってことかも知れませんね!

青柳貴史さんのプロフィール

出典:http://imgrid.net/

青柳貴史さんは1979年生まれで,

東京出身の現在38歳のイケメン職人です。

書道用具専門店「宝研堂」の4代目。

16歳の頃から祖父、父に作硯を師事されいます。

4代目ということは老舗の店ということですね!

また,硯の製作・修理・復元を行う職人の顔以外にも

大東文化大学文学部 書道学科非常勤講師

といった教育者の一面ももっていました。

スポンサードリンク

青柳貴史(製硯の貴公子)が情熱大陸に登場!

情熱大陸では文豪愛用の硯を

復元される青柳貴史さんに密着されるようです!

それは夏目漱石の愛用していた硯の

レプリカを作る事だとか。

オーダーメイドの硯製作だけではなく

修理・復元まで全てを手掛ているようですが,

一つの硯の石の材料や産地を特定するって

相当な知識ってことがすでに分かってしまいますね!

関連記事もご覧ください↓

飯田将太(ラーメン店主)の経歴や大学をwiki風に!場所や年収も気になる! 【情熱大陸】

店の場所や商品の値段は?

「宝研堂」の場所は東京の台東区にあります。

出身が東京であることから想像はできますが,

職人というと地方をイメージしていました。

調べてみると,東京は江戸○○といった

伝統工芸が多く存在してました!

住所は,〒111-0042 台東区寿4-1-11

また,硯の専門店ということで無く,

書道に関係する用具全般を扱っているようです!

値段については,店のHPに乗っていなかったのすが,

有名な書道家の方から初心者の方まで

幅広く対応しているそうで,

硯では数千円ほどから取り扱っているようです。

取り扱っている硯は新規と古硯がありましたが,

古硯は数十万から100万円を超えるものもありました!

新規の硯は1万円から8万円ほどで購入できるようです。

けっこう高級品のようですね!!

書道を始める際にいい品を買って

形から入るのもいいかも知れませんね!!

結婚はしてるの?

結婚されている情報はありませんでした!

恋愛をする暇がないほど,

四六時中硯に夢中なのかも知れませんね!

また,ガンダムが好きでプラモ作が趣味で

こだわりを持っているようなので,

独身貴族かも知れませんね!!

詳しいことは番組で判明するかも知れませんね!

期待したいと思います!!

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたか?

青柳貴史さんは「宝研堂」の4代目で,

場所は東京の台東区でした。

結婚の情報はありませんでしたが,

個人的には番組でもそれらしい情報がないので

独身だと考えています。

5代目,6代目と続き,

青柳さんの製硯師という肩書を持つかたが

今後,出てきて伝統なども継承していってほしいですね!!

まずは,情熱大陸で青柳さんの尋常ではない

こだわりを目撃したいと思います(笑)

関連記事もご覧ください↓

飯田将太(ラーメン店主)の経歴や大学をwiki風に!場所や年収も気になる! 【情熱大陸】

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする