東ちづるの夫や若い頃は?今の活動や因島の有名人は?【あいつ今何してる】

【あいつ今何してる】に女優で広島県・因島出身の東ちづるさんが登場されます。

ドラマで女将姿が印象に残っているかたも多いのではないでしょうか?

昔から人気があったらしく,「お嫁さんにしたい女性有名人No.1」に選ばれるなど昔からかわいいようですね。

そんな東ちづるさんの若い頃や夫,今の活動に加えて,出身が同じ有名人について調べてみました。

是非,ご覧下さい。

スポンサードリンク

東ちづるさんのプロフィール

出典;http://www.horipro.co.jp/

生年月日:1960年6月5日

出身:広島県因島市

血液型:AB型職業

趣味:イラスト描き,日本舞踊,ゴルフ

東ちづるさんの若い頃と夫を調査!

まずは夫について調べてみました。

旦那さんは堀川恭資さんというようです。

出典:http://芸能人の旦那特集.com

飲食店の経営やキャスティングコーディネーターというものをやっていたようですね。

「お嫁さんにしたい女性有名人No.1」なのですから当時は相当羨ましがられたのではないでしょうか?

夫について調べてみると2010年に難病であるジストニア痙性斜頸と診断されたようです。

原因不明の病気なため治療法が確立されていないようですね。

思うように話すことが出来ず車いす生活を余儀なくされるまでに,,

しかし,軽い散歩や運転が出来るまで治療で回復されたようです。

奇跡の回復ですね!夫婦の愛の軌跡でしょうか♪

現在はより回復されていることを願いたいですね。

昔は,どのような活躍をされていたのでしょうか?

実は芸能界に入る前は大企業で仕事をされていました。

しかし,美人なことで評判になって美貌をいかしたコンパニオンのような業務をしていたそうです。

評判になるほどの美貌は気になりますね!

出典:http://i-article01.com/

話題になるのも分かりますね!!

やはり,番組などをみていると企業の宣伝をしている方はやはり皆さん美人ですもんね♪

東さんも,会社の華だったようです。

芸能界に進出されてからは世間の華になったのですね。

現在に女優として活躍されています。

出典:https://www.pinterest.jp/

出典:http://motlife.net/

そんな東ちづるさんは女優だけではなく,活動の幅を広げて活躍されているようです。

スポンサードリンク

東ちづるさんの今の活動は?

夫の仕事の影響と広島出身からなのか 南青山に「東 AZUMA」という店を経営されています。

ネットでは2016年10月31日放送の「有吉ゼミ」で店を診断された時に1年以内につぶれる可能性が72%と診断されていました。

その時に専門かに反論したり,店長に怒ったことからネットでは辛口なコメントが多くみられました。

痴漢に遭ってもやり返すだろうNo.1の女性」とも言われる、気の強さと上昇志向の激しさが出てしまったのですね。

しかし,料理の味は番組史上最高得点の9点と獲得していたので,もうすぐ1年になると思いますが問題な所を直していればさらに長く続きそうです!!

また,骨髄バンクやあしなが育英会など多くのボランティア活動をされています。

番組で番組が他人事のように取り扱って締めくくったことに腹が立ったことがきっかけでボランティア活動を芸能活動の合間を縫って活動されるようになったようです。

番組なので,そうなってしまうことはある程度理解できますが,実際に行動に移せることが凄いですね。

また,2012年に「一般社団法人Get in touch」を立ち上げ、その理事長に就任し誰もが生きやすい世の中の実現のために活動されています。

影響力をいかしてこれからも活動を続けて欲しいですね。

しかし,これまでの様に女優業も続けて欲しいです!!

東ちづるさんと同じ因島出身の有名人は?

因島出身の有名人を何人か挙げてみました。

確認してみましょう!!

  • ポルノグラフィティ(ミュージシャン)
  • 湊かなえ(小説家)
  • 本因坊秀策(囲碁棋士)
  • 村上ショージ(芸人)

など,多くの有名人がいました。

多くの人が知っている超有名人ですね!

囲碁棋士の本因坊秀策はヒカルの碁でお馴染みの世界的に有名な幕末囲碁棋士です。

まとめ

今も昔も変わらず綺麗ですね。

特に笑った時の口元は変わっていないきがします。

美貌が会社で話題になって芸能界に進出した経歴を持ち現在は芸能活動に加えて,飲食店経営,ボランティア活動家という活動をされていました。

とても忙しそうですね!

体調に気を付けてこれからも活躍して欲しいと思います!!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク