テレビ番組

月面探査レースが終了!結果は優勝者なし?理由やHAKUTOの今後に注目! 【クレイジージャーニー】

こんにちは,ジュンです!!

月面調査レース(Google Lunar XPRIZE)
出場されるチーム「HAKUTO」が以前
クレイジージャーニーに取り上げられていて
気になっていたのですが,

 

3月末の期限までにどのチームも到達できない
という結果になり,レースが終了されていたようです。

 

なぜこのような結果になったのか,
日本チームである「HAKUTO」の今後が気になり,
調べてみました!!

 

是非,確認してみて下さい!!

 

スポサードリンク

月面探査レースとは?

出典:http://www.j-wave.co.jp/

月面を舞台にしたレースって
ロマン溢れていますよね!

 

スポンサーがGoogleで
XPRIZE財団によって運営される
月面探査の国際賞金レースです。

 

2007年から始まって,

  • 月面に無人探査機を着陸させる
  • 着陸地点から500m以上走行する
  • 画像データを地球に送信

条件を満たしたら2000万ドル(22億円)の賞金が
与えられるようです。

 

22億円って凄い額ですね!
宇宙という規模となるといろいろと
スケールがでかいです^^

 

月面探査レースの最終に進んだ5チームで競うようです!

チーム以下のようです。

  • 「HAKUTO」日本
  • 「Team Indus」インド
  • 「SpaceIL」イスラエル
  • 「Moon Express」アメリカ
  • 「Synergy Moon」国際混合チーム

 

結果は優勝者なし?賞金の行方は?

結果は,5チームともレースの期限である
3月末の期限までに月面に到達できない状況になり
レースが終了する見通しになったようです。

 

賞金の22億円はどのチームにも渡らないですね。

 

当初のレースの期間は2015年の12月31日から
たびたび延長されていたようですが,今回は延期はなく
終了してしまうのですね!

 

主催されている財団は

「宇宙関連の企業が設立されて
多くの雇用が生まれたなどと成果を強調」

されているようですが,

 

どのチームも期間に間に合う見通しがあるなら
延期して欲しかったですね!

 

月面探査レースには特別賞があり,HAKUTO
着陸システムや月面走行技術、月面画像を
撮影・送信する技術を実証したチーム
に与えられる
「地上マイルストーン賞」を受賞されていました。

 

この賞はアメリカとインドのチームも受賞されていることから
実現性が高いことが分かりますね!

スポサードリンク

期間に間に合わない理由は?

 

期限に間に合う見通しが立たないといっても
打ち上げに失敗したということではなく,

探査機の打ち上げの目途が立たなかったようです。

 

HAKUTOはインドのチーム「Team Indus」の
打ち上げロケットに相乗りして
月面を目指す予定だったのですが,

資金調達、技術、規制の困難などの理由で
打ち上げが困難になったようです。

 

ライバルチームのロケットに相乗りって凄いですね!

 

宇宙や打ち上げ等の状況に耐えられる性能や
ミッションを成功できる可能性が高かっただけに
とても,悔しい思いをしたと思います。

 

 

 

チームHAKUTOがクレイジージャーニーに登場してた!

クレイジージャーニーの正月SPで紹介されてました。

正月のSPで大々的に紹介して,
二週に渡って放送していたようなので,
その後も番組で密着しているでしょうね!!

 

また,クレイジージャーニーで放送される可能性は
とても高いでしょうねー!

 

HAKUTOの今後に注目!

レースが終了した後も予定していたローバーの最終調整を
レース期限まで継続していくようです。

 

挑戦が終わった訳ではなく,
これからも挑戦していくようです。

 

民間初の月面探査に向けてこれからが本番なのですね!

 

また,レースを主催するXPRIZE財団が
新たな月面レースの開催を検討することを表明
されたようなので,

 

新たなレースが始まって欲しいですね!

 

今後の変わらず,月面探査に挑戦し続けられる
HAKUTOに注目して応援して行きたいと思います!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です