テレビ番組

佐藤仁美の昔は天狗だった?現在の性格や再ブレイクのきっかけは?

朝ドラの常連である佐藤仁美さん,今や女性バイプレイヤーの代表的な存在のようです。

そんな,佐藤仁美の昔は天狗で仕事が少なくなっていたようです。

今の活躍からは想像出来ませんね!

再ブレイクされたきっかけや現在の性格について気になったので調べてみました。

 

みなさん一緒に確認してみて下さい!

スポンサードリンク

佐藤仁美さんのプロフィール

出典:https://style.nikkei.com/

佐藤仁美(さとう ひとみ)

生年月日:1979年10月10日

出身:愛知県春日井市

血液型: A型

所属事務所:ホリプロ

 

年齢が同じ芸能人には,広末涼子さん,ピースの又吉さんがいます。

佐藤仁美の昔は天狗だった?

たまに,天狗になって仕事が激減した芸能人のことが耳に入りますが,佐藤仁美さんも同じようだったようです。

なんで天狗になってしまったのでしょうか?

 

佐藤仁美さんは中学生で役者デビューされ,1997年の時に主演で出演した映画『バウンス ko GALS』で数々の賞を総なめにしていました。

そして,人気が一気に爆発して,多忙を極めるようになったようです。

 

佐藤仁美さんはその時は18歳だと思います。

18歳というまだ高校生か卒業したくらいの頃に時の人となり,いろいろ引っ張りだこだったのでしょうね!

周りの大人達よりも格上の扱いをされるなかで,態度が悪くなってしまったのだと思います。

 

しかし,中学生から役者の道を志して高校生には仕事として成功していますよね。

高校生ですでに自立されているって凄いですよね。

 

私が高校生くらいの頃は毎日,ジャンプの新刊や友達と何して遊ぶなど将来のことを全く考えずにダラダラと過ごしていた事を考えるととても凄いことですよね。

 

しかも,ちやほやされる訳なのでついつい天狗になってしまうのは分かる気がします。

 

 

 

佐藤仁美の現在の性格いかに?

20歳後半で仕事が激変し,これまでの態度を反省して改めたようです。

大のお酒好きで,飲みの場での爆笑エピソードなどオープンにすしてバラエティー番組などでも活躍されています。

自分の失態話なども披露するなど昔とは全く別の性格ですね!

 

自分の失敗談って普通は恥ずかしいですし,ましては女優なのでそんなことする必要はないですよね!

 

私なら昔の凄かった頃の武勇伝ばかりを披露してしまいそうです(笑)

 

スポンサードリンク

再ブレイクのきっかけは?

バラエティー番組でのそのままの印象を女優業に上手く生かしているようです。

朝ドラに5作品も出演し,バイプレイヤー(脇役)の代表的な存在になっています。

 

 

オープンな性格になったきっかけは,足繁く通った新宿二丁目のゲイバーのママに影響で、自由に生きているママの生き様に大きな影響を受けたのが理由のようです。

 

自分に正直な姿に影響を受けたのでしょうか?

ママの存在がとても大きいのですね!

 

時には相談にのってもらったりして,ママと話している内に完全な脱・天狗の佐藤仁美さんになったのかも知れませんね!

 

まとめ

いかがでしたか?

調べてみて分かったことは,演技力など女優としての実力がとても高いという事でした。

 

若い頃は天狗になるほど,賞を総なめしスターの地位を獲得し,再ブレイクした現在では「朝ドラ」の常連になるなど,欠かせない存在なのですね!

 

11月14日には「有吉弘行のダレトク」に登場されるようです。

どうやら「出張査定!ダレトク不動産」では俳優の大鶴義丹さんのお宅は査定されるようですね!

 

まずは「有吉弘行のダレトク」で佐藤仁美さんに注目したいと思います。

もしよろしければこちらの記事もご覧下さい!

湯江タケユキ昔やブランドは?なぜ改名?大鶴義丹だらけで有吉反省会に出演

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です