家城啓之(マンボウやしろ)鳥取のスターで元芸人の脚本家?【アメトーク】

10月5日の【アメトーーク!】に先生になりたかった芸人として元芸人の家城啓之さんが出演されるそうです。

家城啓之さんはご自身のレギュラー番組では芸名のマンボウやしろで活動されています。

あまりよく知らなかったのですが,鳥取では有名人だそうです。

なぜ鳥取で有名なのか,どのような脚本をされているのか気になったので調べてみました。

是非,一緒に確認してみて下さい。

スポンサードリンク

家城啓之さんのプロフィール

出典https://twitter.com

家城啓之(やしろ ひろゆき)

生年月日:1976年7月19日

出身:千葉県 館山市

血液型:B型

身長:178cm

所属事務所:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

「ブサイク解放宣言」という書籍を出されています。

吉本ブサイク芸人で史上4人目の殿堂入りをされています。

ブサイク芸人の地位を獲得されていました

特徴は薄い眉毛で写真によっては眉毛がないこともありますね。

今回のアメトーークでは眉毛を確認できます。

ひげを生やしたりイメチェンでしょうか?

http://www.tv-asahi.co.jp

http://www.oricon.co.jp

よく見たらうっすらと眉毛がありましたね!

眉毛の手入れとか気になります。

スポンサードリンク

芸人を引退して演出・脚本の道に!

ライブでサイコロの目が1以外なら引退という事を計画していたそうです。

5/6なのでかなり確立が高いですよね。

しかし,ライブの前にツイッターで芸人引退を発表されています。

決意していたのですね。

もし,サイコロを振っていて1の目が出ても引退していたと思います。

ファッションデザイナーの山本寛斎氏や演出家の宮本亜門氏に憧れ、舞台演出や脚本を手掛けるなど裏方としても活躍していたなど,もともと興味があり脚本などはされていたそうです。

芸人を引退しなくても,目指すことはできると思いますが

引退したことから相当の意気込みだったと思いますね。

家城啓之として脚本・演出の活躍をされています。

  • 『さがり』(2016年11月 – 12月、神保町花月) – 脚本・演出

  • 『世界の何処かにいる自分』(2016年12月) 演出のみ

  • 『1010愛して』(2017年7月)

THE YASHIRO CONTE SHOW
  • 『魔王コント』(2017年4月 本多劇場)

https://ja.wikipedia.org/より引用

出演:矢崎広、石田明(#NONSTYLE)、小林且弥、望月綾乃、加藤啓、篠原正明、伊勢大貴、小林顕作、デッカチャン、ピクニック 他

家城啓之さんは本当に芸人を引退してる?は次のページ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク