漫画

ドクターストーン86話のネタバレとあらすじに感想・考察!

こんにちは、ジュンです。

Dr.STONEの規模が
物凄くなってきましたね!

86話の読んで振り返って
行きたいと思います。

まだ読んでいない方は
ネタバレとなるので
注意してください!

ドクターストーン86話の進捗状況

前回の話で石油を掘り当てて
石油王になって、
世界を牛耳るような流れに
なりましたね。

静岡の場所を地図で探しだしましたが、
これは、相良油田が静岡に眠っていて
世界最強レベルの質のいい石油
採ることができるらしいです。

そして、その油田から石油を手に入れて
地球の裏までの燃料にして
石油を掘り当てるつもりのようです。

そして、龍水は
船長を引き受ける条件として
発見した油田の権利をもらうことを
条件に出し、

通貨の発行

石油を買うために通貨を発行しました。

通貨が無いと、油田を掘り当てても
石油を買うことができないので
食べ物や労力と交換して通貨を
手にいれようとしだします。

つまり、石油を手に入れられるという
信頼があることで、

働かないで大金を得たという
ことになりますね!!

ですが、千空もこのままではなく
この発行された通貨を利用
しました。

為替トレーダー

石化してかなりの時間が経過
していたため数百年周期の
富士山の噴火によって
地形が変わっていました。

そして、千空によると
鳥のように上空から
地形を確認するために

大量の麻が必要なようで、
麻を集めるための労働力を
必要としていました。

そこで、
通貨を沢山あつめた奴らに

このままだと油田が探せないから
石油を買うための通貨は全部
紙屑になるという噂をながし、

通貨の相場をただ当然にし、
相場を上げる方法として
麻と大量に集めさせました。

麻で気球を作る

大量の麻は大きな布を作るための
材料で、

気球で空を飛んで地形を
観測していくようです。

そのためには、まず
超デカい布づくりからですね!

油田を掘り当てるという
大きな目標のために
まだまだやることは
沢山ありますね!!

ドクターストーン86話の感想・考察

気球を作れたとしても
風に流されるだけのような
気がするのですが
無事に元の位置に戻れるか
心配ですね!

気球の仕組みは知っていますが
気球の構造(ロープの結び方や
操作方法も)千空なら熟知してるんでしょう。

そして、
静岡県で石油が取れるということも
びっくりしました!

そして、どのように石油まで
掘り進めて、使えるようにするのかなど
分からないことは沢山あり、
毎回読んでいて飽きないですよね。

まずは、大空の探検!!

次回の87話での気球づくりも
また面白そうです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です