漫画

ジャイアントキリング500話ネタバレ感想!イスマイールが魅せる!

こんにちは、ジュンです。

 

ジャイアントキリング500話の

ネタバレと感想をしていきます!

スポンサードリンク

PKなるか?(ジャイアントキリングネタバレ)

前回は椿のプレーからチャンスが

生まれていましたね。

 

花森がドリブルで切り込んだところ

ペナルティーエリア内で相手DFの

スライディングによって転ばさせられます。

 

「PKだーーっ!!」

 

とPKを喜びましたが、

主審の判断はノーファールでした。

 

「誰が見ても足がかかってんだろうが」

「副審に確認してくれよ」

「コレ国際試合だぞ」

「世界中の笑いものになってもいいのかよ」

と八谷選手

 

そして、岩淵選手も

「かっなんだよ」

「この大衆にビビったか」

「それともオイルマネーでも握らされたか」

「どの道この試合の笛ふく
レベルじゃないよあんた」

「ちゃんと試合みろよ」

「目ん玉ついてるんならよ」

と主審を挑発していました。

 

その結果岩淵選手はイエローカードをもらいました。

 

プレー再開(ジャイアントキリングネタバレ)

岩淵選手は、プレーは再開するものの

UAEには甘く日本には厳しい主審に

不満たらたらです。

 

そして、

 

UAEの監督マチューは

花森とプレーの呼吸があってきていて

勢いのある椿をより警戒しだします。

 

肝心の日本は、PKの後から

・不満からの雰囲気の悪さ
・暑さによるスタミナの消耗

によってミスが目立ちだします。

 

スタミナのあるUAE(ジャイアントキリングネタバレ)

ホームのUAEチームは

暑さにつよいのか、後半でも

キレが残っています。

 

ボールはUAEに渡りそして、

イスマイールにパスがいきます。

 

キレッキレの動きで城島選手を完全に抜き去り

シュートを打ちます。

 

シュートのコースはゴールの角。

そこをなんとか星野キーパーが

ビックセーブではじきました。

 

冷や汗かきました。

 

「リザーブ組の準備はできているね?」

というブラン監督のシーンで終わりました。

 

ジャイアントキリング500話感想

次回は選手交代がありそうですが

だれが交代するのか楽しみですね。

 

やはり、イスマイールうまい。

 

そして、地の利はUAEにあり

日本代表は厳しくなっていくことが

想像できます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です