漫画

ハイキュー329ネタバレ感想!悪球打ちの桐生八がかっこいい!

こんにちは、ジュンです。

 

ハイキュー最新話である329話の

ネタバレとその感想をしていきたいと思います。

ハイキュー329ネタバレ感想!

貉坂(むじなさか)VS梟谷の序盤

桐生がレーシーバーも吹き飛ばす

超高校級のパワーを見せつけます。

 

そして、今回の話は桐生メインで

桐生の強さの秘密が明らかになりました。

 

桐生のスパイクの特徴

桐生の凄さはパワーだけではありません。

 

ジャンプの高さがあり、そして

普通の打ち方に比べて左に体を

傾けて打っています。

 

これは、できるだけ利き腕の左に

体重を乗せるためだとか。

 

”パワー重視型”の”ぶっ放す”系だとか、

 

(パワー系の人は体を少し傾ける

またバレー未経験者のうんちくが増えました(笑))

 

でも桐生の凄さは高さとパワーだけではありませんでした!!

 

悪球打ちの桐生八(ハイキュー329ネタバレ感想)

桐生の凄さは

低いトスやネットに近い・遠い

そういった難しいといわれている

ボールでも高確率でパワーを

落とさずに打ち込むことができます。

 

329話では低いトスに対して

普通の2歩か3歩の助走にたいして

一歩の助走で高さを合わせていました。

 

普通なら返すのに精いっぱいの所を

桐生ならパワーで打ち込んでくる。

 

このとっさの反応は日向っぽい。

パワーの打ち方や合わせ方、

今後日向が桐生を見て吸収していくのかもしれないですね。

悪球打ちの原点(ハイキュー329ネタバレ感想)

きっかけは中学2年の時です。

 

その時から飛ぶ抜けていて

ボールが集まるチームのエースでした。

 

当時の牛島と比べられても

桐生の方がレシーブやサーブなど

総合的には上手と言われるほど

かなり一目おかれている選手でした。

 

牛島との対戦

中学の時に全国大会で牛島と対戦します

もちろん互いに執拗にマークされ

エース同士の対決に。

 

執拗にマークされ、いいように

プレーできなくなりだんだんと

崖っぷちに立つ桐生。

 

そして、トスに対して打つところを

逃げてしまいます。

 

その試合の結果は”敗け”

 

どんなに窮地にたってもエースとして

打ち続けた牛若。

 

それなのに、俺はセッターに

頼り過ぎたと謝まられている。

 

エースとしてどんな球でも決める

どんな球でも打つ。

 

これが、悪球打ちのきかっけのようです。

 

ハイキュー329感想

やっぱりパワーはカッコイイですね。

 

でも絶好調なのは梟谷の

エースも同じのようです。


出典:ハイキュー329話

 

次回の330話は木兎ターンになりそうです。

 

何をしてくれるのか楽しみですね!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です