テレビ番組

高橋大輔(探検家)浦島太郎でクレイジージャーニー!結婚や広告代理店は?

こんにちは,ジュンです。

 

以前,ロビンソン・クルーソーの物語を旅したことについて,クレイジージャーニーに登場されていましたが,今回の放送では,浦島太郎の正体やどこにいったのか番組で語られます!

 

これまで取り上げられてきた方とも違い物語を旅するといった,ロマンを追い求めることろなど,とても面白かったので,高橋大輔について調べてみることにしました!

 

経歴や,結婚しているの?

また,勤めていた広告代理店がどこなのか気になったので,調べてみました!

 

是非,確認してみて下さい^^

スポンサードリンク

高橋大輔(探検家)のプロフィール

出典:http://yo-mu-wa-inko.com

生年月日:1966年生まれ

出身:秋田県

出身大学:明治大学

 

現在52歳前後ということでしょうか,

以外に若いですね!!

 

スケートの高橋大輔と同棲同名ですね!

また,ウィキペディアには作家として紹介されるなど,これまでに調べたことを本にして出版されています。

 

正直,ロビンソークルーソーの物語は知らなかったので,あまり興味を持たなかったのですが,浦島太郎や桃太郎など,良く知っている物語だと,実在するのかとても興味が湧きますね!

 

以前放送で,ロビンソークルーソーの物語が実際に実現していたのか,過去の文献から探していて,物語を旅する探検家というこれまでと違ったタイプの探検家で話を聞くのがとても楽しいですよね。

 

また,英国王立地理学協会や探検家クラブの会員といった,世界的な学者であることもいえる,方のようです!!

 

高橋大輔の経歴は?

明治大学在学時にシベリア鉄道に乗ったことをきっかけに探検家としての
道を歩み始たようです。

大学生のころから,神話や伝説などの物語が実際にあったのか,またどのようにして生まれたのかをコンセプトに探検されていたようです。

 

そして世界中を旅していたようです。

 

広告代理店に勤めながら,お金をかせいで,社長に無理をいって長期休暇をとっては旅に出かけていたようです。

 

社長に直談判して休暇を勝ち取っていたとか,,,

さすがですね!!

 

行動力が凄いです。砂漠から南極まで旅をされていたようですよ!

 

 

広告代理店に勤めていて休暇を一気に使用していたので相当激務だったのかも知れませんね!

そして,仕事の名目で行きたい場所を取材したりと,物語を旅することを中心に生活されていたようです。

 

たしかに,仕事でいければ一石二鳥ですね(笑)

 

 

しかし,現在では,本を出版されているなど,お金のために仕事をするのではなく,物語を旅することで収益を得ているようですね!!

 

すきな事をそのまま仕事にされていて凄いですね!

 

 

スポンサードリンク

結婚してる?

結婚や家族について,調べてみたのですが,家族についての情報は乗っていませんでした!!

 

しかし,クレイジージャーニーに出演されたジャーニーは結婚している人が多いというジンクスがあるようなので,もしかしたら結婚されているかも知れませんね!!

 

一つのことにとことん熱中して,他にだれもいないような存在の方ってやっぱりモテるのでしょうね!!

 

 

また,以前勤めていた会社がどのかのか気になりますよね。

 

広告代理店はどこ?

ネットの検索キーワードには電通や博報堂といった会社がありましたが,実際にはどの会社かわかりませんでした。

 

入社するまでのきっかけとして,途方もない夢にたいして採用されるとお金をかしてくれるサントリー夢大賞という企画に,応募したのがきっかけのようです。

 

結果的に落ちてしまうのですが,事務でもいいから働かせて下さいと頼みこみ,その熱意で一緒にイベントを企画されていた東京の広告代理店の社長の目に止まって採用されたようです!!

 

浦島太郎の正体は?クレイジージャーニーに登場!

今回の番組で詳しいことがわかりそうですね!!

 

また,「浦島太郎はどこにいったのか」という本を出版されているようです。

 

番組ではカメの持つ意味とや龍宮城,玉手箱とは?

また「浦島太郎の子孫」と対面されたようです!!

出典:http://blog.excite.co.jp/

それには「第3代目 浦島太郎 山田要」と書かれていた。

詫間町の文化大使というようなことになるらしいが、現実の浦島太郎はかなり忙しい。小学校などへ出かけてお話を披露するにとどまらず、海外にまででかけて浦島太郎を顕彰するのだという。

山田氏の後を継いで第4代浦島太郎になりたいという人が詫間町にはすでに何人かいるとのこと。

余生は浦島太郎になりたい、と願う方にはチャンスです。

(写真:左が第三代目、浦島太郎氏。玉手箱も見せてもらった。香川にうどんを食べに行く人はゼヒ浦島太郎にも会いに行こう!)

 

とあるので,「浦島太郎」は世襲するのですね!!

詳しいことは番組で確認したいと思います!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です