テレビ番組

吉田正仁(リヤカーで地球2周)の経歴に仕事(職業)は?【THE突破ファイル】

こんにちは、ジュンです。

リヤカーで地球2周という
クレイジーなことを成し遂げられて
いる吉田正仁さんについて調べて
いきたいと思います。

なんで、リヤカーの旅をしているのか
収入はどうなっているのか

いろいろと気になったので
吉田正仁さんの経歴や仕事(職業)
について調べていきます。


吉田正仁さんはリヤカーで地球2周分踏破!

リヤカーを引いての旅

確かに、テントや食料など
運びやすいツールで、

リヤカーの旅も結構
面白そうだと感じましたが

地球2周分って、、、

スケールがデカすぎますね(笑)

 

リヤカーの旅人で思い出すのは
僕が好きな番組「クレイジージャーニー」
に登場されている永瀬忠志さん

「リヤカーマン」の画像検索結果
出典

41年間で地球一周分に当たる
4万7千kmを歩いていて
2005年には植村直己冒険賞を
受賞されており、

リヤカーでは困難な
砂漠や沼地も踏破されています。

(過ごすぎますね)

 

そんな、永瀬忠志さんを超える
地球2周分をも踏破されている
吉田正仁さんは一体何者なのか
ますます興味が沸いてきました。

吉田正仁(リヤカーで地球2周)の経歴

リヤカーを引き地球一周した吉田正仁(よしだ・まさひと)さん
出典

生年月日:1981年
出身地:鳥取県

年齢も30台で結構イケメン

旅に出るきっかけは
ニートでダメな自分と決別するために
始めたようです。

2009年から地球一周に
挑戦され、4年半かけて
達成されます。

実績は↓

2009.1-2010.8
ユーラシア大陸徒歩横断
約16000キロ

2010.8-2011.10
北米大陸徒歩横断
約6400キロ

2011.10-2012.6
豪州大陸徒歩縦断
約4800キロ

2012.7-2013.8
アジア徒歩縦断
約12300キロ

2014.9-2015.7
アフリカ大陸徒歩縦断
約11000キロ

引用

今年(2018)に
ゴールと定めていたという
カナダ・トゥクトヤクトゥク
(北極海沿岸)に到着され、
帰国されています。

その総距離は約7万7500キロ

そして、一度しか日本への帰国
を挟まずに、60か国以上
めぐっています。

なんでこんな旅をつづけられるのか
正直、理解しにくいですが

リヤカーマンの永瀬忠志さんが
「自分でもわからない」
おっしゃられたように
魅了する理屈では語れない
物があるようです。

また、2014年に
地球一周されたことに対して
本も出版されていました。

もっと詳しくしるには
本がベストだと思います。

吉田正仁(リヤカーで地球2周)の仕事(職業)

そして、一番気になるのは
リヤカーでメチャクチャ
旅してるけど収入はどうなってるの?

ってことです。

 

ちなみに、クレイジージャーニーに
出演されていた永瀬忠志さんは
工業高校の教師として働いて
貯金したお金を主に旅をしていて

吉田正仁さんのように
一度で一周ではなく、

部分部分で日本に帰国しながら
旅をされていました。

 

どうやら、吉田正仁さんは
最初に旅に挑戦する際には
400万の資本金を元に
スタートされたようです。

そして2008年のブログ記事には

鳥取県で高普及率を誇る日本海新聞に掲載されました。
しかも地域面でなく社会面に予定ルート、顔写真付きでデカデカと、堂々と。

これまでスポンサーや一部のメディア、その他ごくわずかの人しか知らなかった概要が明らかに。
記事の通り、ユーラシア大陸後はアフリカを歩きます。

素晴らしい記事をありがとうございました。

引用

とすでにスポンサーを獲得されて
いたようですね。

そうなると、400万の
一部はスポンサーからの
お金だと思います。

交通費がかからないし
そこまでお金がかからないもの
なんでしょうか?

仕事は今年(2018)に
帰国されたなどこれまで
旅をされていたので

就職とかはしていないと思います。

 

今後、どこかで働くか
旅を再開されると思いますが

旅の時の収入は
貯金とスポンサーからの支援
そして、出版された本だと思います。

吉田正仁(リヤカーで地球2周)がTHE突破ファイルで

突破ファイルは
内村さんが司会で

実際にあったコトを
再現ドラマにして
その突破方法をクイズ形式で考える
ドラマ&クイズバラエティーです。

リヤカーでの旅は
命の危機を感じた場面も
当然あと思います。

突破ファイルでは
テントで寝て起きたら隣にまさかの○○が

といった危機に対して
どのように突破されたのか
再現ドラマで出題されるようです。画像

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です